« August 2011 | Main | October 2011 »

September 2011

◆発語

息子の発語が遅い事が段々気になってきたので、歯科検診に行った際に保健所の方に相談したところ「月に一回保健所で発達と発語の先生が来て相談会をしているので、良かったらどうぞ」と案内されました。早速予約をして相談に行ってきました。

発達の先生は「たしかに平均より4ヶ月ほど遅い感じはするけど、二語文も話しているのなら、このまま様子見でいいのでは?」と。
で、次の部屋の発語の先生。息子に「おなまえは?年は?」と手をマッサージしながら質問。答えられない息子はニヤニヤしてるだけ。すると先生は魔法でもかけるように、息子の手のひらに向かって「パッ」っと何度かいうと、息子もつられて「パ」っと発音。さらに続けて「ピッ」「プッ」「ぺッ」「ポッ」・・・。
その後、先生は言いました。「この子は、教えればすぐ出来るようになりますよ。初めて来てココまでできれば上出来です。」と。発語をうながすというマッサージを色々習い、固い食べ物(フランスパン、きんぴらごぼう、干し芋など)も食べさせるようにと注意を受けて帰ってきました。

二日後の朝、突然息子が流暢に「キョーアメナイネ(今日、雨無いね。)」と言ったのでちょっとビックリ。ゴットマザーによって言葉の扉が開かれたのか?!っと期待しましたが、劇的に喋りだしたという事でもないようで、母としてはまだまだちょっと心配です。

キーワードは「キュン」

まだ韓流ドラマにドップリはまっております。

そもそも、日本版「美男ですね」の廉さんの腕をガッと掴んで「今は1人にしてやれ」という柊さんに‘キュン’

そして韓国版「美男ですね」のお三方の美しい姿に‘キュン’

中でも、シヌさんの柔らかな雰囲気に‘キュン’

最終話のテギョンさんのカッコよさに‘キュン’

つづけて「メリは外泊中」のムギョルの歌う姿に‘キュン’

後半になるにしたがってイン代表の渋さに‘キュン’

・・・・と、まあ、そんな感じで韓流無限ループのなかに巻き込まれている感じです。
で、ネットという便利なものがあるので俳優さんのことを調べるわけですよ。すると、思っていた年齢よりもずーっと若い。この衝撃は宗方仁や速水真澄が意外と若かったという事を知った時と似ている。少女マンガの中の大人の男性と思っていた人が今はもう自分よりもずっと年下という事と似ている・・・。つまり、おこがましい事に、韓流恋愛コメディを見ている自分の心理状態は20代初めぐらいになっているらしい。ドラマを見ている間だけトリップしている感じ。現実逃避?妄想狂??なんとでも言って下さい。。。

また、役とその俳優さんの他の姿とのギャップもいいんです。韓国の芸能人に予備知識が全くない分、ギャップを大きく感じるのかもしれません。

柔らかなやさしいシヌ役→バンドで歌うチョン・ヨンファさんは明るくて活動的な感じで結構意外でした。

95%むすっとしているテギョン役→少女マンガの世界のようなムギョル役→
スマスマで無邪気な笑顔のチャン・グンソクさんのギャップは、、、「ずるい」です。これはほめてます。小悪魔的です。もし、三万円の壷を売りにきたら絶対買っちゃう。色々言われているような気がするけど、私はやっぱこの人凄いんじゃないかと思ってます。

大人の渋さを漂わせるイン代表役→ものすごい綺麗な日本語も話せるキム・ジェウクさんのギャップ!さらには今年の夏から兵役の為2年間の芸能活動休止という情報。。。。なんだか、「この星の光は何千光年も前の光が届いているんだよ」といわれたような感じでものすごく‘キュン’としてしまいました。
兵役という感覚が日本人の私にはよくわかりませんが、とにもかくにも、お怪我の無いように無事に過ごしていただきたい。そして、北朝鮮と韓国の平和を願うようになりました。

韓国ドラマにはまって国際情勢まで気にかけるという2011年8月の私。
いきなりいろんな韓国情報が頭に入ってきて整理できないので、ブログにメモさせていただきました。
長くなってしまいましたー。


« August 2011 | Main | October 2011 »