« キーワードは「キュン」 | Main | ◆お試しクラスと幼稚園選び »

◆発語

息子の発語が遅い事が段々気になってきたので、歯科検診に行った際に保健所の方に相談したところ「月に一回保健所で発達と発語の先生が来て相談会をしているので、良かったらどうぞ」と案内されました。早速予約をして相談に行ってきました。

発達の先生は「たしかに平均より4ヶ月ほど遅い感じはするけど、二語文も話しているのなら、このまま様子見でいいのでは?」と。
で、次の部屋の発語の先生。息子に「おなまえは?年は?」と手をマッサージしながら質問。答えられない息子はニヤニヤしてるだけ。すると先生は魔法でもかけるように、息子の手のひらに向かって「パッ」っと何度かいうと、息子もつられて「パ」っと発音。さらに続けて「ピッ」「プッ」「ぺッ」「ポッ」・・・。
その後、先生は言いました。「この子は、教えればすぐ出来るようになりますよ。初めて来てココまでできれば上出来です。」と。発語をうながすというマッサージを色々習い、固い食べ物(フランスパン、きんぴらごぼう、干し芋など)も食べさせるようにと注意を受けて帰ってきました。

二日後の朝、突然息子が流暢に「キョーアメナイネ(今日、雨無いね。)」と言ったのでちょっとビックリ。ゴットマザーによって言葉の扉が開かれたのか?!っと期待しましたが、劇的に喋りだしたという事でもないようで、母としてはまだまだちょっと心配です。

« キーワードは「キュン」 | Main | ◆お試しクラスと幼稚園選び »

「育児」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« キーワードは「キュン」 | Main | ◆お試しクラスと幼稚園選び »