久々に水槽の話

以前、金魚の話ばかりしていた頃がありました。その後、金魚たちはどうなったかというと、外の睡蓮鉢の2匹はほとんど手をかけてないのに未だに元気にしております。お家の中の立派な水槽の2匹は夏を迎える前に☆になりました。で、しばらくは石巻貝と水草だけの水槽で放置していたのですが、連休中に夫にリセットしてもらい新しい砂利、新しい水草で再立ち上げとなりました。水が安定するまで、生体はネオンテトラ5匹で様子を見ることになりました。。。。可愛そうな話、、、この5匹はリトマス試験紙のような存在でもあり、水槽の中に連鎖をとるための存在なのだ。なので一匹一匹名前をつけませんでした。というか、ネオンテトラってみんな似てるし見分けるの難しい。

金魚-ついに三匹に

2007年の夏祭りから飼い始めた4匹の金魚。先日、とうとう「ふつう」が★になりました。病気ではなく寿命(?)だったような感じで段々弱っていって亡くなったという感じでした。4匹の中では一番成長が遅く、尾びれも曲がっていたので弱わかったのでしょう・・・。そういえば、以前、水槽に詳しい人に聞いた話によると、金魚は最初の3年間は抗生物質が効いているので病気になりにくいけれど、それが切れる頃★になる事がおおいそうです。ということはまだ2年?それとも、家に来た時点で1年ぐらい経ってた??うーむ。
これで水槽チームは一匹の金魚と石巻貝だけになってしまいました。外の睡蓮鉢の二匹は相変わらずたくましく育っています。最近濾過システムが崩壊してて水を循環してないのでこれから暑くなるしちょっと心配。

金魚-その後の4匹

090406私が妊婦だった期間~出産のため東京を離れていた期間~子育てにてんやわんやの今、、、つまりは一年近く、金魚の世話は夫に任せきりです。その間、4匹の金魚と2匹の石巻貝はといいますと、、、外のワイルドチームの「まだら」は異常に大きくなりました。「ルビー」も元気です。水槽チームの「ちょびすけ」は背びれが少しおかしいですが、元気です。「ふつう」は大きくなるにつれて尾びれが曲がっていることが解ってきましたが、元気です。二匹の石巻貝も相変わらずです。昨日、久々に水槽を大掃除したついでに石巻貝を5匹追加投入。今度は乱暴に放り投げたりせず、水あわせ&温度あわせをしました。一晩たった今日、みんなガラス面にへばりついており、ひっくりかえっているのはいませんでした。一応、今のとこと成功っぽい。

金魚-最近は・・・

0808194匹の金魚を2チームに分けてから早1ヶ月。
睡蓮鉢の「ワイルドチーム」の金魚達は一回りも二回りも大きくなったように見え、非常に元気の様子。水質の方も安定しているようで凄く透明感があります。簡易ろ過で水を循環しているのが良いのかもしれません。水草もかじられながらも結構キレイな緑を保ってくれています。ただひとつ気がかりなのは姫睡蓮の花がいつまでも咲かない・・・?今年は無理なのでしょうか?
水槽の「ちびすけチーム」の金魚達は相変わらずおとなしいですが、餌を食いっぱぐれる事はなくなった模様。でもそれほど大きくもならず。ただ、水が汚れにくくなったので、水替えは2週間に1度ぐらいでも大丈夫かも。30cm水槽で小型の和金2匹、良いバランスなのかもしれません。苔もずいぶん減りました。

金魚-凄惨な殺貝現場だったらしい・・・

先日、朝起きると家族から「訃報があると」告げられた。何事かと思ったら、睡蓮鉢のオオタニシが空っぽになっていて、水は濁り、タニシのものと思われる肉片が浮いていたというのだ!!辺りには生臭い悪臭がたちこめ、それはそれは凄惨な現場だったので、早々に片付けておいてくれたという。。。どうやら、金魚が襲ったらしい。金魚は雑食性とは聞いていたがまさか貝まで食べるなんて。驚きだ。もはやうちの金魚は混泳など不可能な極悪魚に達したということだろうか・・・・。

金魚-コリドラスの死因

会社で時々会う熱帯魚に詳しい人に久しぶりに会ったので、コリドラスが2匹死亡したことを言ったら意外な答えが返ってきた「おめでとう。ここからが始まりだよ。」??もしかして水槽道のって事・・・・??と思いつつ、状況を説明すると「それはエロモナス病だろう」とのこと。睡蓮鉢を立ち上げた際、水槽の水を殆ど新しくしてしまった事でphが急激に変化し、コリドラスが感染したのだろうとの事。そういう時は粘膜を保護する薬も混ぜないといけないらしい。うーむそういう事だったのかー。

ちなみに睡蓮鉢の金魚達(まだら、ルビー)は水草を食い散らかし、程ほどに太陽を浴び、日の入りとともに暗くなるという自然な時間帯での暮らし・・・。部屋の中の水槽よりも健康的な生活のお陰なのか、体が一回り大きくなったもよう。。。

金魚-訃報続き

先日、混泳水槽のコリドラスが一匹他界したばかりで、もう一匹の状態も気になっていたのですが、遂に本日★となってしまいました。。。。ポックリ逝ったというわけでなく、息も絶え絶えの状況が続いいたので、こちらも心苦しい日々でした。やはり、金魚との混泳は条件付(一定期間とか金魚が本当に小さい間とか)ということなのだなあと、身にしみて解りました。しばらくは生体は増やさないという方向でいきます。

金魚-睡蓮鉢の簡易ろ過システム

タニシの死亡は水質悪化によるものではなかろうか?という推測を元に、簡易ろ過システムを早急に作りました。
小型の水中ポンプで水を吸い上げ、睡蓮鉢の上に木の板を置き、植木鉢を設置。その中に竹炭で詰めてフィルターの代わりにしてみました。これで、強すぎる日差しも緩和できるし、空気も充分になるだろうし、水中のゴミも取れるだろうし、OKかな?っと。昨日の夕方見た時は、もう一匹のタニシが動き出していたので、安心していたのですが、今日の夕方みたら、ひっくり返っていました・・・・・。やっぱり、毎日水換えしないとだめなのかしら・・・・?

金魚-睡蓮鉢のオオタニシが・・・!

今日は午前中に水を汲み置きしておき、夕方睡蓮鉢の水を替えようとおもったら・・・・!オオタニシが一匹水面にプカプカ浮いてる・・・・・。勿論、蓋は閉じたままで。。。沈めようと思っても、また浮いてくる。これは、★??とりあえず睡蓮鉢の水を半分替えてみて様子を見てみるが、やっぱり浮いてる。
ネットで調べると、貝は水質が悪い(酸素不足?)と貝を閉じるらしい。そうなったら早く水を替えないと駄目らしい。うーむ、長生きさせてあげられ無かった。残念。。。。

金魚-混泳水槽の平和もつかの間

昨夜遅く、今泳水槽をふと見たらコリドラスの1匹がひっくり返って★になっていました。凄いショック!一体何がどうなってそんな事になったのか全く解らず・・・・・。夕飯の頃見たときには普通にしていたように見えたのになあ。もう1匹のコリドラスは特に変わった様子が無いので大丈夫だとは思うが、不安だ。。。。

より以前の記事一覧